貧乳が胸に脂肪を付ける方法

【貧乳Aカップ未満の豊胸手術】脂肪注入について

更新日:

貧乳に悩む女性の中には、豊胸手術を考える人もいるのではないでしょうか?
特にAカップやそれ未満のバストサイズの女性は、とにかく豊胸でも何でもなんとかしたい!って思う人は少なくないはず。

一口に豊胸といっても脂肪注入やヒアルロン酸注入など、種類もさまざま。
でも、豊胸手術は方法によっては高いリスクもあることを知っていますか?
今回は、貧乳に悩む女性の豊胸手術(特に脂肪注入法)について詳しく解説していきます。

豊胸手術には代表的な3種類がある

貧乳 脂肪注入 豊胸

貧乳を大きくする方法の中で、一番手っ取り早くてすぐに大きくできるのが豊胸手術です。
もちろん費用はかかりますが、バストアップサプリと比べても、手軽にあっという間にバストアップが可能になります。

豊胸手術には代表的なものとして、

脂肪注入法
自分の体のバスト以外から脂肪を吸引して胸に注入する方法。

メリット:自分の身体の脂肪を注入するので抵抗が少ない
デメリット:痩せすぎの人(脂肪が少ない)には向かない方法

シリコンバッグを挿入する方法
胸にシリコンでできたバッグを挿入する方法。

メリット:一気にサイズアップが期待できる
デメリット:手術後のダウンタイムが長い

プチ豊胸といわれるヒアルロン酸を注入する方法
ヒアルロン酸をバストに注入する方法。

メリット:手軽で、手術方法によっては30分程度で終わる
デメリット:時間が経つとなくなってしまうのがデメリット
(1年ほどで体内で吸収される)

の3種類があります。
どの豊胸手術が適しているのかは、バストの形や希望によって異なります。

今回は、この中でも需要の高い「脂肪注入」について詳しくお伝えします。

脂肪注入をする前に絶対に知っておくこと

豊胸 脂肪注入 バストアップ

脂肪注入法は自分の体の気になる脂肪を吸引し、バストに注入する方法なので痩身と豊胸が一度にできるのですが、そんな脂肪注入法にもメリットとデメリットがあるので注意しておく必要があります。

脂肪注入法の良い点(メリット)

豊胸の中でも脂肪注入のメリットは、何と言っても自分の良質な脂肪でバストを大きくする事が出来るところです。

シリコンや生理食塩水などが入った豊胸バッグを挿入するのって抵抗ありませんか?
私だったらかなり抵抗があります^^;
そんな人でも、自分の身体の脂肪を注入する方法であれば、抵抗なく手術を受けることができます。

また、もともと体内にあった脂肪ですから、触ったときに人工的な感触は一切なく、豊胸が絶対にバレにくいというのもメリットです。乳がん検診も普通に受けることができますから健康診断でも安心ですね。

脂肪注入法の悪い点(デメリット)

脂肪注入法は、前述の通り自分の別の場所の脂肪を胸に持ってきます。

当然、痩せすぎている人には当然向かない方法でもあります。

※特にブラのサイズがA、AA、AAAの方ではほぼ脂肪豊胸は成功しないそうです。

痩せている→体の脂肪量が少ない→安全に吸引できる脂肪量が少ない→注入量が限られる
1カップアップする為には、だいたい200cc程度必要と言われていますので、3カップアップなどを望む場合、痩せすぎていると注入量が限られて出来ない事もあります。

また、やはり注入した脂肪の何割かは体に吸収されてしまうので、100%定着することはなさそうです。これは脂肪の量と注入部位や方法によって変わります。

脂肪注入におけるリスク回避と豊胸成功のポイント

脂肪注入をしたいっていう女性は多く、yahoo知恵袋などでも手術に関する質問は多いです。
参考になる回答も多くあったので、私なりにリスクやその回避方法をまとめてみました。

豊胸手術はクリニック選びがすべて!

あまり安い脂肪注入だと注入量も少ないですし吸収率が高かったり、シコリのような物が出来たり吸引した部位の仕上がりも悪かったりするので注意が必要です。

一番大切なのは、担当医の注入する技術(細分化注入)という事になります

注入する段階で酵素がなるべく排除されているシステムが最もしこりリスクも少ないので、慎重にクリニック選びをしてください。

最終的には、名医を選択できるかどうかだと思います。
名医の選び方やカウンセリング・アフターケアのコツを手術前に知っておかなければ失敗するリスクが上がるということを頭に入れておきましょう。

-貧乳が胸に脂肪を付ける方法

Copyright© バストアップサプリの口コミ!人気ランキング【2019年最新】 , 2019 All Rights Reserved.